Googleボットチェッカー
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

gecko雑記

  : 

geckoのgeckoによるgeckoのためだけの個人的な雑記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

セキュリティ会社の調査 

シマンテック株式会社から
8/25にネット犯罪レポートが
発表された。

調査は18歳以上の7066人が対象。
日本や米国、中国など14カ国で実施。

ちなみにシマンテックのネット犯罪の
定義はコンピューターウイルスやマルウェア
クレジットカード詐欺など多岐に渡る。

全体の65%がネット犯罪被害に遭っている模様。
ちなみに被害者が多いのは中国と米国。
最も少ないのは日本の36%だった。


ネット犯罪の被害に遭うとは思わないと
答えた人は日本では2%だった。

ネット犯罪者の摘発は難しいと
答えた人は日本では74%だった。

ネット犯罪を警察に通報したと
答えた人は日本では52%だった。

ネット犯罪を解決していないと
答えた人は日本では60%だった。


シマンテックのネット犯罪の定義が
かなり広範囲な点はかなり気になりますが
総括してみます。

日本ではネット犯罪に合う可能性が
高いと感じているが他国と比較すると
やや犯罪に巻き込まれにくい。

まあこれは単純に言語の問題と
人口の多寡で参入障壁が高いというところでしょう。


半数が通報はするが未解決だったり
ネット犯罪が解決するのがむずかしいと
考えている。

不謹慎ですが犯罪者にとっては
犯罪解決が難しいと思われるのは
悪いことではないでしょう。

ただこれは日本だけではなく
どの国でもネット犯罪は解決するのが
むずかしいと思われています。

テーマ: ITニュース

ジャンル: ニュース

調査  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。